車両用防護柵(橋梁用ビーム型防護柵)

1.設置選択条件

区間区分と種別の適用

 一般区間重大な被害が発生する
おそれのある区間
新幹線などと交差
または近接する区間
区間区分の基本的な考え 二次被害の重大性 ●右記
 以外の
 区間
●二次被害が発生すれば
重大なものとなる
おそれのある区間
●二次被害が発生すれば
極めて重大なものとなる
おそれのある区間
乗員安全性 ●右記
 以外の
 区間
●逸脱すれば当事者が過度の傷
 害を受けるおそれのある区間
 
路外の状況 二次被害の重大性 ●右記
 以外の
 区間
●大都市近郊鉄道地方幹線鉄道
 との交差近接区間
●高速自動車国道、自動車専用
 道路などとの交差近接区間
●走行速度が特に高く、かつ
 交通量の多い分離帯設置区間
●その他重大な二次被害のお
 それのある区間
●新幹線との交差近接区間
●ガスタンク近接区間など
乗員安全性 ●右記
 以外の
 区間
●路外に大きな落差があるなど
 乗員の安全性からみて極めて危険な区間(高さ4m以上)
 
種別の適用 高速・
自専道
80㎞/h以上 A、Am SB、SBm SS
60㎞/h以下 SC、SCm SA
その他
道路
60㎞/h以上 B、Bm、Bp A、Am、Ap SB、SBp
50㎞/h以下 C、Cm、Cp B、Bm、Bp(注)

注)設計速度40㎞/h以下の道路では、C、Cm、Cpを使用することができる。

2.構造および形状

車両用防護柵の路面から防護柵上端までの高さは、原則として、90㎝以上、100㎝以下とする。
所要の性能を満たすために止むを得ず100㎝を超える高さとする場合は、車両衝突時における乗員頭部の安全性を確保できる構造 としなければならない。

3.設計諸元

『防護柵の設置基準・同解説』(平成28年12月改訂)『橋梁用ビーム型防護柵 設計方法』による。

橋梁用ビーム型防護柵の設計諸元 (平成28年版 p110より)

種別ブロックアウト量
(㎜)注1

横梁の極限曲げ
モーメント
(kN・m)注2

支柱
間隔
(m)
各部高さ
(㎝)
主要横梁下段横梁横梁合計主要横梁下段横梁主要横梁
上端高さ
「路面から」
下段横梁
中心高さ
「地覆面から」
1本使用時の単体 複数本使用時の単体
C 40
以上
25
以上
23
以上
17
以上
6
以上
4.0
以上
2.0
以下
90以上・
100以下
25以上・
60以下
B 45
以上
30
以上
26
以上
17
以上
9
以上
4.5
以上
A 55
以上
45
以上
50
以上
36
以上
14
以上
7.0
以上
SC 65
以上
55
以上
66
以上
49
以上
17
以上
8.5
以上
1.5
以下
SB 75
以上
70
以上
89
以上
68
以上
21
以上
10.5
以上
SA 75
以上
70
以上
110
以上
68
以上
42
以上
21.0
以上

4.支柱と横梁の部材選定

静荷重試験により、支柱の極限支持力・最大支持力、横梁の極限曲げモーメントの数値を求め、種別毎に部材の選定を行います。
(『防護柵の設置基準・同解説』(平成28年12月改訂)橋梁用ビーム型防護柵 設計方法による。)

橋梁用ビーム型防護柵の部材は以下のものを使用する。

①横梁は20㎝まで切断することなく変形するもの。
②横梁の極限曲げモーメントの値が、左頁の3.設計諸元を満足するもの。
③支柱と横梁の組合せは下記の部材選定域(グラフ曲線で囲まれる範囲)内の組合せであるもの。

C種、B種、A種、SC種
SB種、SA種

C種、B種、A種、SC種